金運アップに与る億万両純金小判の秘密

只今、億万両本舗和作では長年のご愛顧に感謝の気持ちを込めて、スクラッチキャンペーンを行っております。
特に金賞は、当店の代表銘菓である億万両最中を模った純金小判(約5g)を差し上げております。
記事タイトルにもあるように、この純金小判は単なる小判に留まらず、なぜ金運アップのご利益に与るのか。これからその秘密をご紹介させていただきます。

この写真で既にお気づきの方も多いかと思いますが、こちらは 西暦711年の御鎮座以来、1300年にわたり人々の信仰を集め、五穀豊穣、商売繁昌、家内安全、諸願成就の神様として崇められてきた伏見稲荷大社です。

京都市伏見区深草にある伏見稲荷大社は、金運アップの神さまとして、全国にお祀りされている稲荷神社の総本宮です。 そして、 その中でも年に5~6日しかない「最上の大吉日」である天赦日に祈願してまいりました。

天赦日とは…
この日は、百神が天に昇り、天が万物の罪を赦(ゆる)す日とされ、「最上の大吉日」である。そのため、天赦日にのみ「万(よろづ)よし」とも注記される。 天赦日は季節と日の干支で決まり、年に5回または6回ある。

当初の目的であった金運アップはもちろんですが、全てのルートを巡り、五穀豊穣・商売繁昌・家内安全・交通安全・子宝・安産等々、全てのご利益を授ってまいりました。

この様々なご利益を与った「億万両純金小判」をただいま抽選でみなさまに進呈しておりますが、そもそも店主が最中を「億万両」と名付けたのには、このような理由があります。

手に取って嬉しく、さらに縁起よく、みなさまに幸せの喜びを感じてもらうため

今回はその想いを純金小判にも込めておりますので、私たちの感謝の思いと共にお客様の「喜び・幸せ」のお手伝いができれば幸いです。

それではこれより一ノ峰(山頂)までの道のり、片道1時間「お山巡り」の全貌をご紹介します。

まずは豊臣秀吉が造営した楼門に深々と頭を下げて先に進みます。

今回の目的はあくまで億万両純金小判の金運アップの祈願ですので、道中に訪れる 朱塗りの鳥居が並ぶ 「千本鳥居」には目もくれず先を進みます。

歩き始めて約30分で三ノ峰に到着しました。
こちらのご利益は商売繁盛です。

ここは白菊大神と崇められています。
億万両最中、純金小判共にしっかりと祈願してまいりました。

ほどなくして二ノ峰に到着しました。
ご利益は交通安全・金運です。

こちらは青木大神と崇められています。
ここでもしっかりと祈願いたしました。

そして、出発から約1時間、今回の最大の目的地である一ノ峰に到着いたしました。ここは稲荷山の最高峰(標高233メートル)で、末広大神と崇められています。

しっかりと祈願し、ひとまず億万両純金小判「金運アップ」の祈願完了です。

この後、一ノ峰から下山するルートでも、長者社や御膳谷奉拝所などを全て巡ってまいりました。

四ツ辻からから眺める風景

これにて無事祈願完了です。
億万両小判によってみなさまの喜びや幸せのお手伝いができれば幸いです。
そして、和作はこれからもご縁をいただきましたお客様の喜びと幸せを願って、みなさまに愛される和菓子を作り続けてまいります。

当選されたら・・・

金賞・銀賞が出た場合は、当たり券と氏名、住所、電話番号を記載した紙を封筒に入れて下記までご送付ください。

〒241-0004 神奈川県横浜市旭区中白根1-9-13 億万両本舗和作宛

関連記事

  1. ららぽーと海老名催事のお知らせ
  2. 日本全国お取り寄せ手帖に掲載されました。
  3. 催事のお知らせ!ららぽーと横浜
  4. 億万両最中当たり券についてのご案内
  5. 横浜高島屋 神奈川県銘菓展に出品しています。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP